JavaScriptが有効です。安全・安心の為、JavaScriptを無効にしてください。
ヘッダー
支援♡ : Monero

【デジタル自主】NeovimとGiteaでメモの書き方

トップページに戻る

OneNote、Evernote等みたいなアプリを使うのは重くて危険です。
クラウド系ノートアプリを使ったら、第三者会社を信頼を持つのは必須となります。
ですから自分のGiteaサーバ及びNeovimを使う事が勧めます。
1台パソコンを持ったら、Giteaは不要です。

Giteaのインストールする方法

まずはお好みのOSでサーバを設置して下さい。
こちらの投稿でDebianサーバのコマンド通り教えます。

curl -sL -o /etc/apt/trusted.gpg.d/morph027-gitea.asc https://packaging.gitlab.io/gitea/gpg.key
echo "deb [arch=amd64] https://packaging.gitlab.io/gitea gitea main" > /etc/apt/sources.list.d/gitea.list

sudo apt update
sudo apt install mysql gitea nginx

MySQLで「gitea」というユーザ及び「gitea」というデータベースを設置して下さい。

certbotでSSL証明書を受け取って下さい。 サブドメイン(例:git.ドメイン.tld)を設置して下さい。

sudo systemctl stop nginx
sudo certbot certonly -d git.ドメイン名.tld

次はnginxのコンフィグファイルで下記を書き込んで下さい。

sudo nvim /etc/nginx/sites-enabled/gitea.conf
server {
  server_name git.ドメイン名.tld;

  access_log off;
  error_log off;

  listen 443 ssl;
  listen [::]:443 ssl;
  ssl_certificate /etc/letsencrypt/live/git.ドメイン名.tld/fullchain.pem;
  ssl_certificate_key /etc/letsencrypt/live/git.ドメイン名.tld/privkey.pem;

  location / {
    proxy_pass http://localhost:3000;
  }
}

server {
  if ($host = git.ドメイン名) {
    return 301 https://$host$request_uri;
  }
  
  listen 80;
  listen [::]:80;
  server_name git.ドメイン名.tld;
  return 404;
}

nginxサービスを起動して、giteaを再起動して下さい。

sudo systemctl start nginx
sudo systemctl restart gitea

Giteaのコンフィグファイルを編集して下さい。

sudo nvim /etc/gitea/app.ini
APP_NAME = (何でも良い)
...
[database]
DB_TYPE = mysql
HOST = 127.0.0.1:3306
NAME = gitea
USER = gitea
PASSWD = (あなたに設定したパスワード)
...

[repository]
ROOT = /home/git/gitea-repositories
DEFAULT_PUSH_CREATE_PRIVATE = true

[server]
#PROTOCOL = https
SSH_DOMAIN = git.ドメイン名.tld
DOMAIN = git.ドメイン名.tld
ROOT_URL = http://git.ドメイン名.tld
...

なお、GiteaのUIで新しい非公開のレポジトリーを作成して下さい。
レポジトリー名は自由ですが、「memo」みたいな名前はオススメです。

VimWikiの設置

サーバじゃなくて、自分のパソコンで、メモのフォルダを準備して下さい。

mkdir ~/ドキュメント/memo
cd ~/ドキュメント/memo

Neovimをインストールして下さい。

Arch、Artix、Manjaro、AlterLinuxの場合:

sudo pacman -S neovim

Debian、Devuan、Ubuntu、MX Linuxの場合:

sudo apt install neovim neovim-runtime

Gentooの場合:

sudo emerge -a app-editors/neovim

Void Linuxの場合:

sudo xbps-install -S neovim

FreeBSDの場合:

doas pkg install neovim

OpenBSDの場合:

doas pkg_add neovim

macOSの場合(Homebrewインストールした後):

brew install neovim

Windowsの場合(Chocolateyインストールした後):

choco install neovim

それ以下、Windowsでの設定する方法は不対応となります。

Vim-Plugをインストールして下さい。

sh -c 'curl -fLo "${XDG_DATA_HOME:-$HOME/.local/share}"/nvim/site/autoload/plug.vim --create-dirs https://raw.githubusercontent.com/junegunn/vim-plug/master/plug.vim'

Neovimのコンフィグファイルを編集して下さい。

nvim ~/.config/nvim/init.vim
...
set nocompatible
filetype plugin on
syntax on
...
Plug 'vimwiki/vimwiki'
...
" VimWiki
let g:vimwiki_list = [{'path': '~/dev/docs/', 'syntax': 'markdown', 'ext': '.md'}]
...

ZZで保存して閉じて下さい。
新しいファイルを作って下さい。

nvim ~/ドキュメント/memo/index.md

Neovimの中に、「:PlugInstall」を入力して下さい。
それで自動でVimWikiをインストールされます。
Neovimを終了して、もう一回上記のコマンドで起動して下さい。

VimWikiの使い方

マークダウンでメモを作れる様になります。
文字を入力したら、ESCを押したら、文字でEnterキーを押すと、新しいリンクを作れます。
もう一回Enterキーを押すと、新しいファイルを作成されます。
CTRL+6で元のファイルに戻れます。

HTMLに書き出すには、「:VimwikiAll2HTML」を入力して下さい。

保存するには、いつでも通りにGitレポジトリにコミットして下さい。
また、1台パソコンだけを持ったら、必要はありません。

以上


Valid XHTML 1.1 正当なCSSです! どのブラウザでも表示出来ます! hacker emblem

匿名自営業076の設立者
ページのGitGitリポジトリ