スマホユーザーにお知らせ

2023年10月26日以降、テクニカル諏訪子のブログがスマホでの閲覧を対応しなくなったと案内しています。
パソコンやサーバーを使用するようにとの指示があります。

おすすめブラウザこちらです:

1番おすすめ

2番おすすめ

3番おすすめ

その他

なお、理由については、「STOP!!スマホ」キャンペーンをご覧下さい。

ご理解お願い申し上げます。

ヘッダー
支援♡ :Monero

【PostmarketOS】自分のレポジトリを作り方

トップページに戻る
凛、 2023年10月15日 — jp, blog, linux, デジタル自主, スマホ, postmarketos, pinephone, alpine

半年前に言った通り、あたしのパソコンでのLinuxを使用歴が非常に長いですが、スマホでの使用歴はそれ程長くないのです。
2020年にはMan(ko)jaroを使用していましたが、毎回パッケージの更新後に度々問題が生じた為、Mobian(PinePhone用Debian)に切り替えました。
Mobianは2022年まで使用していましたが、2年経ってもLinuxスマホの進歩があんまなかった為、再びPixel 3でGrapheneOS(Google非依存のAndroid)に戻りました。
しかし、2023年10月現在、ついに大きな進展が見られる様になった為、PinePhoneを処理して、PostmarketOSを試してみたところ、Androidを使用する意欲がなくなりました。

ちなみに、PostmarketOSはスマホ専用Alpine Linuxベースのディストリビューションです。

レポジトリの作り方

初回のみ

以下のステップは初回だけ実行して下さい。
まず、必要なツールをインストールします。

doas apk update
doas apk add alpine-sdk
doas addgroup $(whoami) abuild
doas reboot

再起動後、新しいディレクトリと鍵ペアを生成して下さい。

mkdir -p ~/.local/src/repo
abuild-keygen -a -i

新しいパッケージを作成する

次のステップは、APKBUILDファイルを作成する事です。

cd ~/.local/src/repo
mkdir urloli
cd urloli
nvim APKBUILD

例:

# Maintainer: Suwako Moriya <suwako at 076 dot moe>
pkgname=urloli
pkgver=2.2.0
pkgrel=1
pkgdesc="$pkgname"
url="https://076.moe"
arch="all"
license="GPL"
source="https://076.moe/repo/src/$pkgname/$pkgname-$pkgver.tar.gz"
makedepends="go"
options="!check !strip"

package() {
  mkdir -p $pkgdir/etc/urloli $pkgdir/usr/bin $pkgdir/etc/init.d $pkgdir/www/active/urlo.li
  mv -i config.json $pkgdir/etc/urloli/config.json
  make
  mv urloli $pkgdir/usr/bin/urloli
  curl https://076.moe/repo/init/openrc/init.d/urloli > $pkgdir/etc/init.d/urloli
  mv view $pkgdir/www/active/urlo.li
  mv static $pkgdir/www/active/urlo.li
  chmod +x $pkgdir/etc/init.d/urloli
  chmod +x $pkgdir/usr/bin/urloli
  echo "Change the domain name in \"/etc/$pkgname/config.json\"."
}

URLロリはGo以外従属ソフトがありませんが、Goはコンパイル時だけで必要ですので、「makedepends」に追加しました。
実行するには必要であれば、「depends」に追加して下さい。

注意:PostmarketOSやAlpineで、「ninja」をインストールする場合、apk add ninjaではなくapk add samuraiを使用して下さい。

次は「sha512sum」を生成し、ビルドを行って下さい。

abuild checksum
abuild

Alpineではパッケージの署名が必要ですが、PostmarketOSでは自動で署名される為、これは不要です。

レポジトリサーバーの準備

次のステップは、サーバーを準備です。
サーバーはOpenBSDの場合:

doas nvim /etc/httpd.conf
...
server "076.moe" {
  listen on * port 443 tls
  tls certificate "/etc/ssl/076.moe.crt"
  tls key "/etc/ssl/private/076.moe.key"
  root "/htdocs/076.moe/www"
  directory index "index.html"
  location "/repo/*" {
    directory auto index
  }
  location "/.well-known/acme-challenge/*" {
    root "/acme"
    request strip 2
  }
}

server "www.076.moe" {
  listen on * port 443 tls
  tls certificate "/etc/ssl/076.moe.crt"
  tls key "/etc/ssl/private/076.moe.key"
  block return 301 "https://076.moe$REQUEST_URI"
}

server "www.076.moe" {
  alternative { 076.moe }
  listen on * port 80
  block return 301 "https://076.moe$REQUEST_URI"
}

server "l3nbzyxgrkmd46nacmzf2sy6tpjrwh4iv3pgacbrbk72wcgxq5a.b32.i2p" {
  listen on * port 8450
  root "/htdocs/076.moe/www"
  directory index "index.html"
  location "/repo/*" {
    directory auto index
  }
}

server "7dt6irsmfvbrtgn4nuah56kky6mvr472fbwwaltuxpf26qdqkdhfvnqd.onion" {
  listen on * port 8500
  root "/htdocs/076.moe/www"
  directory index "index.html"
  location "/repo/*" {
    directory auto index
  }
}
...
doas mkdir -p /var/www/htdocs/076.moe/www/repo/alpine
doas chown -R $(whoami):$(whoami) /var/www/htdocs/076.moe
doas rcctl restart httpd

パッケージを公開

公開鍵をアップロードした後、パッケージを公開して下さい。

rsync -rtvzP ~/.abuild/*.rsa.pub (君のIPアドレス):/var/www/htdocs/076.moe/www/repo/alpine
cd ~/packages
rsync -rtvzP repo (君のIPアドレス):/var/www/htdocs/076.moe/www/repo/alpine

レポジトリの確認

最後のステップは、自分のパッケージをインストールする事です。

cd /etc/apk/keys
doas wget https://(ドメイン名)/repo/alpine/(.rsa.pubのファイル名)
cd ..
doas nvim repositories
http://mirror.postmarketos.org/postmarketos/v23.06
http://dl-cdn.alpinelinux.org/alpine/v3.18/main
http://dl-cdn.alpinelinux.org/alpine/v3.18/community
http://(ドメイン名)/repo/alpine/repo # これを追加して下さい
doas apk update
doas apk add urloli

以上


Valid XHTML 1.1 正当なCSSです! どのブラウザでも表示出来ます! hacker emblem SDGsに反対 スマホに反対

匿名自営業076の設立者
ページのGitGitリポジトリ