ヘッダー
支援♡ : Monero

【I2P】ドメインを作成方法

トップページに戻る
凛、 2022年12月12日 — blog, jp, darknet, ダークネット, 匿名化, i2p, linux, bsd

ダークネットといえば、各サイトは覚えにくい(無理)ドメイン名をついているイメージがありますね。
でも、I2Pの場合、短いドメイン名を登録するのは可能です。
例えば、http://technicalsuwako.i2p/http://076.i2p/等。

イープサイトをつくりましょう!!

詳しくはこちらへどうぞ。

Linux + OpenBSD: /etc/i2pd/tunnels.conf

FreeBSD: /usr/local/etc/i2pd/tunnels.conf

[WATASINOPAGE]
type = http
host = 127.0.0.1
port = 7001
keys = loliloli.dat
lynx http://127.0.0.1:7070/?page=i2p_tunnels

上記からドメインをコピーして下さい。
例の出力:

WATASINOPAGE ⇐ lolilolimankounkochinkooppaitinkotinpobakamonochirno.b32.i2p

nginx (LinuxとFreeBSDのみ)

Linuxの場合:/etc/nginx/nginx.conf
FreeBSDの場合:/usr/local/etc/nginx/nginx.conf

server {
  listen 127.0.0.1:7001;
  root /var/www/htdocs;
  index index.html;
}

httpd (OpenBSDのみ)

/etc/httpd.conf
注意:「/htdocs」と意味は「/var/www/htdocs」ですので、このフォルダでウエブページを貼って下さい。

server "lolilolimankounkochinkooppaitinkotinpobakamonochirno.b32.i2p" {
  listen on * port 7001
  root "/htdocs"
  directory { no auto index, index "index.html" }
}

従属ライブラリのインストール

Linux

Devuan/Debian Artix/Arch
sudo apt install build-essential cmake git libssl-dev libboost-all-dev zlib1g-dev sudo pacman -S gcc g++ git openssl boost boost-libs

BSD

OpenBSD FreeBSD
doas pkg_add gmake gcc g++ git openssl boost sudo pkg install gmake gcc git openssl-devel boost-all

コンパイル

git clone --recursive https://github.com/purplei2p/i2pd-tools && cd i2pd-tools
Linux BSD
make gmake

オースストリングの作成

.datファイルを見つけて下さい。
Devuan、Artix、及びOpenBSDの場合は /var/lib/i2pd/loliloli.dat で、FreeBSDの場合は /var/db/i2pd/loliloli.dat で御座います。
下記の例えはDevuanのパスを使っております。

./regaddr /var/lib/i2pd/loliloli.dat kerololi.i2p > auth.txt && cat auth.txt

出力をコピーして、 http://reg.i2p/add もしくは http://stats.i2p/i2p/addkey.html で貼って下さい。
reg.i2pの場合、出力は「Auth string」で貼って下さい。
「Description」はご自由に。

サブドメインの場合

ほしければ、サブドメインを登録するのは可能です。
また、下記の例えばDevuanのパスです。

./regaddr_3ld step1 /var/lib/i2pd/suwaloli.dat suwa.kerololi.i2p > step1.txt
./regaddr_3ld step2 step1.txt /var/lib/i2pd/loliloli.dat kerololi.i2p > step2.txt
./regaddr_3ld step3 step2.txt /var/lib/i2pd/suwaloli.dat > step3.txt
cat step3.txt

また、出力はreg.i2pまたはstats.i2pで貼って下さい。

以上


Valid XHTML 1.1 正当なCSSです! どのブラウザでも表示出来ます! hacker emblem SDGsに反対

匿名自営業076の設立者
ページのGitGitリポジトリ