JavaScriptが有効です。安全・安心の為、JavaScriptを無効にしてください。
ヘッダー
支援♡ : Monero

【デジタル自主】GnuPGでメールを暗号化する方法

トップページに戻る
凜、 2022年04月05日 — jp, blog, デジタル自主, メール, pgp, 暗号化

メールを送ると言えば、非常に不安全とイメージが思い出しますね。
でも、暗号化は可能で知っていますか?
今回はメールの暗号化する方法を教えくれます。

何故暗号するのは大切?

メールはプレインテキストとして送りますので、暗号化しないと、誰かWireShark等でメールを読めますので、中間者攻撃(MitM)に非常に弱いです。
特に政治家、諜報機関、大企業、ISP等は貴方のメールを読んでいます。
結局、暗号化はデジタル自主の基本的な対策です。

メールクライエントを選びましょう

良いメールソフトを使うのは非常に大切ですが、これを考える方は少ないです。
Linuxを使ったら、Claws Mailを勧めます。
他のOSの場合はわかりませんので、自分で検索して下さい。
でも、フリーとオープンソースのメールソフトで、公式Gitレポジトリーで最後コミットは1週間以内があれば、良いソフトだと思います。

ウェブメールを使っていますが…

辞めた方が良いですよ。

GPGかPGP…違いは何?

PGP(Pretty Good Protection)はNorton社に作られた暗号化ソフトでした。
でも、有料ソフトですので、GnuPG(GPG)はPGPのFOSS版ですので、無料で自由に使えます。

パブリック鍵とプライベート鍵の違い

パブリックキー(公開鍵)は他人と共有出来る鍵です。
例えば、私の鍵は連絡ページで受け取れます。
SNSプロフィール、自分のブログ、動画SNSのチャンネル等で貼っても良いです。
初めてメールを送ったら、この鍵で暗号化すると、メールの添付で自分のパブリックキーを入れて下さい。

プライベートキー(秘密鍵)は秘密です。
これを共有するのは駄目です。
パソコンかスマホで秘密鍵が異なったら、復号する事が無理となります。

Claws Mailの設置

まずはPGPプラグインをインストールする事が必要です。
設定→プラグイン→ロード



次は設定→アカウントを編集→Edit→プライバシーです。
「デフォルトのプライバシーシステム」は「PGP MIME」に設定して下さい。
そうして、下記のスクショ通り、チェックボックスを有効にして下さい。

暗号化したメールを送信方法


同じメールに複数キーがあれば、下記の画面も出ますが、1つだけの場合はスキップされます。
そうして、相手の鍵は複数があれば、同じ様な画面が来ます。

所で、暗号化したメールで鍵アイコンが付いています。

コワス様は諏訪子様の鍵で暗号しましたので、そのままメールを読めます。
そうして、返事する時コワス様は既に諏訪子様の鍵を持っていますので、添付に入るのは不要です。
でも、返事する前に、まずはGPGアプリに保存する事が必要です。


新しい鍵の創作

gpg --generate-key
gpg (GnuPG) 2.2.32; Copyright (C) 2021 Free Software Foundation, Inc.
This is free software: you are free to change and redistribute it.
There is NO WARRANTY, to the extent permitted by law.

注意: 全機能の鍵生成には "gpg --full-generate-key" を使います。

GnuPGはあなたの鍵を識別するためにユーザIDを構成する必要があります。

本名: (入力)
電子メール・アドレス: (入力)
次のユーザIDを選択しました:
    "山田太郎 <yamada@tar.ou>"

名前(N)、電子メール(E)の変更、またはOK(O)か終了(Q)? (入力)

PGP鍵一覧

パブリック鍵

gpg -k | less

プライベート鍵

gpg -K | less

自分のパブリック鍵の取り出し

gpg --export --armor フィンガープリントID > ファイルパス/ファイル名.asc

他人のパブリック鍵の取り込み

gpg --import ファイルパス/ファイル名.asc

データの暗号化

gpg -e ファイル名

データの復号

gpg -d ファイル名

以上


gostaticで創作しました。 ページのGitリポジトリ
Valid XHTML 1.1 正当なCSSです! どのブラウザでも表示出来ます! hacker emblem