JavaScriptが有効です。安全・安心の為、JavaScriptを無効にしてください。
ヘッダー
支援♡ : Monero

【デジタル自主】ダークネットの解説 第4部:I2Pでウエブページをホスティングする方法

トップページに戻る

こちらはダークネットの使い方の解説シリーズです。
ダークネットはデジタル自主のインターネットの未来ですので、早くわかった方が良いですね。♡

一般ネットよりダークネットの方がメリットは:

デメリットは:

じゃ、最初のI2PでのEepsite(イープサイト)を設置しましょう!!
注意:CentOSのレポジトリーでi2pdがありませんので、そうしてTorのバージョンは非常に古いですので、CentOSを使うのは全然勧めません。

目次
I2Pのインストール
Debian、Devuanの場合
OpenBSDの場合
I2Pの設定
nginxの設定

Torのインストール

Debian、Devuanの場合

sudo apt install i2pd

OpenBSDの場合

doas pkg_add i2pd

I2Pの設定

$ useradd -m i2p -s /bin/bash
$ su -l i2p
$ mkdir ~/.i2pd
$ cd ~/.i2pd
$ nvim tunnels.conf

下記を追加して下さい。

[SARVICE1]
type = http
host = 127.0.0.1
port = 7001
keys = sarvice1.dat

[SARVICE2]
type = http
host = 127.0.0.1
port = 7002
keys = sarvice2.dat

...

rootユーザに戻るには、CTRL+Dを押して下さい。

$ /etc/init.d/i2pd restart

新規創作された.i2pドメイン名を受け取って:

$ printf "%s.b32.i2p
" $(head -c 391 /home/i2p/.i2pd/sarvice1.dat |sha256sum|xxd -r -p | base32 |sed s/=//g | tr A-Z a-z)
hogehogehogehoge.b32.i2p
$ printf "%s.b32.i2p
" $(head -c 391 /home/i2p/.i2pd/sarvice2.dat |sha256sum|xxd -r -p | base32 |sed s/=//g | tr A-Z a-z)
gohegohegohegohe.b32.i2p

nginxの設定

$ mkdir /var/www/sarvice{1,2}
$ touch /var/www/sarvice{1,2}/index.html
$ nvim /etc/nginx/sites-available/sarvice1.conf
server {
  listen 127.0.0.1:7001;
  root /var/www/sarvice1;
  index index.html index.htm;
  server_name hogehogehogehoge.b32.i2p;
}
$ nvim /etc/nginx/sites-available/sarvice2.conf
server {
  listen 127.0.0.1:7002;
  root /var/www/sarvice2;
  index index.html index.htm;
  server_name gohegohegohegohe.b32.i2p;
}
$ ln -s /etc/nginx/sites-available/sarvice1.conf /etc/nginx/sites-enabled
$ ln -s /etc/nginx/sites-available/sarvice2.conf /etc/nginx/sites-enabled

「/var/www/sarvice1/index.html」と「/var/www/sarvice2/index.html」ファイルでご自由に入力して下さい。

$ /etc/init.d/nginx restart

2つの.i2pドメインにアクセスして、出来たら成功です!

以上


Valid XHTML 1.1 正当なCSSです! どのブラウザでも表示出来ます! hacker emblem

匿名自営業076の設立者
ページのGitGitリポジトリ