スマホユーザーにお知らせ

2023年10月26日以降、テクニカル諏訪子のブログがスマホでの閲覧を対応しなくなったと案内しています。
パソコンやサーバーを使用するようにとの指示があります。

おすすめブラウザこちらです:

1番おすすめ

2番おすすめ

3番おすすめ

その他

なお、理由については、「STOP!!スマホ」キャンペーンをご覧下さい。

ご理解お願い申し上げます。

ヘッダー
支援♡ :Monero

【Crux】自分のポートとレポジトリを作り方

トップページに戻る
凛、 2023年04月18日 — jp, blog, linux, デジタル自主, crux

原則して、Cruxはパッケージマネージャが入らなくて、FreeBSD、OpenBSD、NetBSD等とみたいにポーツコレクションが有ります。
あたしは20年間ぐらいDebianベースディストリビューションを使いましたが、2017〜2021年はMan(ko)jaroが気に入りました。
2021年よりArtix Linuxに移行しました、その間にサーバーでDebianからDevuan、FreeBSD、及びOpenBSDに変更しました。
最近は特にCruxに気に入りました。

しかし、デフォルトでインストール出来るソフトウェアは少なくて、ドキュメンテーションが殆どありません。
でも、Crux向けポーツを作るのは本当に簡単です。
Gentooと同じく、Cruxはソースベース的なディストリビューションです。

ポートを創作する

まずは新しいフォルダを創作しましょう。

mkdir -p ~/.local/src/ports && cd ~/.local/src/ports

後はソフトウェアのフォルダを創作し、これ内にPkgfileというファイルを作成して下さい。
例えば、i2pd。

mkdir i2pd && cd i2pd
nvim Pkgfile

一番上部分で4つのコメントで御座います。
Descriptionは説明(例:C++系I2P)、URLはソフトの公式ページ、Meintainerはあなたの名前とメールアドレス(偽名等もOK)、Depends onは従属ソフト(ライブラリー等)。
従属ソフトがなければ、不要です。

後はname(パッケージの名前、小文字ローマ字のみ)、version(バージョン)、release(普通に1でOKです)、及びsource(ダウンロードURL、.tar.gz、.tar.bz2、か.tar.xzは必要)。
最後にbuild(創作)関数があります。

自分でソースをホスティングするのは必要ではありませんが、あたしがそれが好みます

# Description: PurpleI2P i2pd
# URL:         https://i2pd.website/
# Maintainer:  Suwako Moriya, suwako at 076 dot moe
# Depends on:  gcc clang boost openssl cmake zlib

name=i2pd
version=2.47.0
release=1
source=(https://github.com/PurpleI2P/$name/archive/refs/tags/$version.tar.gz)

build() {
  cd $name-$version/build
  cmake .
  make
  make DESTDIR=$PKG install
  mv $PKG/usr/local/bin $PKG/usr/bin
  mv $PKG/usr/local/lib64 $PKG/usr/lib
  rm -rf $PKG/usr/local
}

i2pdの問題は、デフォルトで/usr/localにインストールされています。
しかし、Cruxはこのフォルダが全然使いませんので、make installの後で手動で/usrに移動します。

開発者に教えられるインストールする方法と殆ど同じですが、違いは$PKGです。
make installmake DESTDIR=$PKG install となります。
$PKGは仮に作られているフォルダパスです。
それの中に普通のパスと同じです。
例えば$PKG/etc/nginx$PKG/home/suwako/.xinitrc$PKG/usr/bin/zsh等。

次はポートパッケージを作ります。
あたしは「doas」を使っていますが、「sudo」を使ったら、これを使って下さい。

doas pkgmk -d

-dは「ソースをダウンロードして」と意味です。
既に同じフォルダで.tar.gzファイルがあれば、このオプションは不要となります。
成功にコンパイル出来たら、新しい「.pkg.tar.gz」ファイルが出てきます

レポジトリの作成

ポーツツリーのルートフォルダに帰って下さい。

cd ~/.local/src/ports

そこはhttpupレポジトリを作りましよう。

httpup-repgen .

新しいREPOファイルが創作されています。
これを確認して下さい。
下記みたいな結果があれば、良いです。

cat REPO
d:i2pd
f:1afa91184220d16c5431efab3919118e:i2pd/.footprint
f:edd3f864018c2c87a99b395d75d87c55:i2pd/.md5sum
f:71a4616aeec73486d4e5c350c20cf9fd:i2pd/Pkgfile

ホストがご自由に決めて下さい。
あたしは勿論自分のサーバーでホスティングしています。
ちなみに、一般ネットサーバーとダークネットサーバーはrsyncで同期していますので、どっちでも使っては良いです。

cd ..
rsync -rtvzP ports (貴方のホスト名かIPアドレス):(webrootのパス)

ところで、次のステップは1回だけが必要となります。

doas nvim /etc/ports/myports.httpup
ROOT_DIR=/usr/ports/myports
URL=(貴方のホスト名かIPアドレス+パス、あたしの場合=https://076.moe/repo/crux/ports/)

このファイルをホスティングするのは必要はありませんが、他人は貴方のレポジトリを使うにはとても便利です。
次はprt-get.confに有効にしましょう。

doas nvim /etc/prt-get.conf
...
## configure directories prt-get will source ports from
## note: the order matters: the package found first is used
prtdir /usr/ports/core
prtdir /usr/ports/opt
prtdir /usr/ports/xorg
prtdir /usr/ports/myports
...

ところで、この同じファイルで、prtdir /usr/ports/contribを有効にするのは勧めます。
デフォルトで、必要な従属ソフトが公式レポジトリが入っていませんので、contribを有効にするのは凄く便利となります。
比べたら、CruxでcontribレポジトリはArchかArtix等でのAURみたいなイメージがあります。

終わったら、ポーツツリーを更新しましょう。

doas ports -u

問題がなければ、下記みたいに出力が発生します:

...
Updating file list from (貴方のホスト名かIPアドレス)/ports/
Updating collection myports
 Checkout: myports/i2pd
 Checkout: myports/i2pd/.footprint
 Checkout: myports/i2pd/.signature
 Checkout: myports/i2pd/Pkgfile
Finished successfully
...

ポートのインストール

じゃ、i2pdをインストールしてみましょう。

doas prt-get depinst i2pd

installコマンドもありますが、それが従属ソフトがインストールしていませんので、depinstの方が勧めます。
prt-getの使い方については次回書いてみます。

この記事を書きながらCruxにfcitx5、mozc等をコンパイル中ですので、それはそろそろあたしのレポジトリに入ると思います。

以上


Valid XHTML 1.1 正当なCSSです! どのブラウザでも表示出来ます! hacker emblem SDGsに反対 スマホに反対

匿名自営業076の設立者
ページのGitGitリポジトリ